Blog

バウンド・ワークスのブログでは、僕たちの考え方や、ちょっと役に立つ情報をお届けしています

SEO

PageSpeed Insightsが厳格なスコアへ

ウェブサイト表示速度については、2018年7月9日以降、GoogleのSpeed Updateが全てのユーザ向けに導入され、ランキングの要素となることを発表しています。
参考:https://webmasters.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html

このページスピードについて検証するためのツールはいくつかありますが、Googleが用意しているのがPageSpeed Insightsです。

このGoogleのPageSpeed Insightsが、2018年11月に入ってからスコアの判定方法が変更になり、3G回線時の通信速度をベースとした、より厳格な基準となっています。

スコアの表示サンプル厳格化というか、重視すべきポイントがわかりやすい良アップデートだと感じる

PageSpeed Insightsの操作方法については、割愛させていただきますが、以前のバージョンのPageSpeed Insightsでは、良好である緑を示すスコア92程度のウェブサイトだったサイトが、平均を示すオレンジの40点台になるなど、大幅なスコア減少となっているようです。

スコアを大幅に落とした原因は3G回線での評価になっていることと、 「Lighthouse」の測定結果に準じるようになってきたことでしょうか。

Chrome拡張機能でおなじみのオープンソースツールであるLighthouse

PageSpeed Insightsと双璧をなす(かどうかはわかりませんが)GTmetrixは、Googleや、Yahoo!などの基準でサイトの判定ができる速度判定サイトですが、こちらの基準は以前のPageSpeed Insightsに準拠したもののようです。
参考:GTmetrix

現状では、Google PageSpeed Insightsでは以前のスコアでの計測が不可能な状況ですが、GTmetrixの判定方法が変更にならない限り一つの指標として、どのようにPageSpeed Insightsが厳しくなったのかを把握する一助となるかもしれません。

速度がモバイル検索では重要な指標に含まれつつある現状はあるものの、コンテンツが最も重要であることに変わりはありません。(重要なコンテンツが何か把握することも含めてですが)
しかしながら、速度についての検討は、今後Googleが全ての商売の競合となり得る可能性を考えると、対策せざるを得ない場合も少なからずあるのかもしれません。Googleの動向には注目していきたいところです。

Web担当者の方は、一度自社サイトの速度についての計測と、その対策について確認された方がよろしいかと思います。
以前よりも非常に具体的な指示を受けることができます。

新しいPageSpeed Insights

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

signpost

ブログにて情報を配信しています。

バウンド・ワークスでは、日々インターネットと格闘する皆様のために、役に立つ情報をブログにてお届けしています。ご質問などがございましたら、お気軽にご連絡ください。皆様のお役に立てれば幸甚です。

お問い合わせ

まずは一度、お気軽にお問い合わせください。




ご連絡をお待ちしております

私たちはまず、あなたのビジネスを徹底的に理解することから始めます。あなたのビジネスを理解することなく施策を展開することは不可能だからです。その後に徹底して見える化したデータを元に、あなたと一緒に結果を出す施策を考案してまいります。

お断り

当社は即効性のある特効薬を提供するわけではございません。しかしながら、時間とコストをかけた投資に見合っただけの成果をご提供させていただきます。