Blog

バウンド・ワークスのブログでは、僕たちの考え方や、ちょっと役に立つ情報をお届けしています

困った・操作方法

macOS Catalina で開発環境のテストをしてみた。

catalinaで開発環境のテストをしてみた。

macOS Catalinaを入れてみた(T2チップ搭載マシンではないです)。

コーディングとかビルドとかしてみたが、特に問題なく使いたいツールは使えている。(2019年10月8日)

フロント関連のみのツールや簡単な動作環境に使用しているMBPですので、その辺ご容赦ください。

macOS Catalinaについての新機能とかそういう情報は、https://ascii.jp/elem/000/001/952/1952260/ とかをご覧いただければいいのではないでしょうか。

catalinaでのgoogle-driveへのメッセージ

動作するプロセスで、一々承認を求めてくるのはiOSみたいな感じだけれど、明確にアクセス権の許可を求めてくるあたりが昨今のAppleという感じ。

嗚呼、こういうゴミのような記事を書いていると、ネットコミュニティ黎明期ユーザーにコテンパンにされそうだなあ、と思いつつ書いてます。

使用しているツールとか

マシン:MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)カスタム無

  • Docker 2.1.x
  • Vagrant 2.2.5
  • Local by Flywheel 3.3.0
  • Node 10.7.0(npm 6.11.3)
  • Sequel Pro 1.1.2
  • その他諸々

WebStormとVScodeも動いたし、特に問題はないと感じている。(多分最新版にしてあるはず)

というか、アクセス権については、mojaveの時に色々設定(例えばnpm)しているので、そのせいかもしれない。

検証時間は2時間程度なので、もしかすると他に問題があるかもしれません。

bashを開いてみたら

macOS 10.15 Catalinaはシェルがbashからzshになる

と以前お話しましたが、bashを開こうとすると、「デフォルトのシェルはzshになったよ」と、親切に教えてくれる。

詳細な説明は、以下。

zsh を Mac のデフォルトシェルとして使う(Apple)

 

特に問題ないと思いました、という感想です。

どなたかの参考になればと思います。

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

signpost

ブログにて情報を配信しています。

バウンド・ワークスでは、日々インターネットと格闘する皆様のために、役に立つ情報をブログにてお届けしています。ご質問などがございましたら、お気軽にご連絡ください。皆様のお役に立てれば幸甚です。

お問い合わせ

まずは一度、お気軽にお問い合わせください。




ご連絡をお待ちしております

私たちはまず、あなたのビジネスを徹底的に理解することから始めます。あなたのビジネスを理解することなく施策を展開することは不可能だからです。その後に徹底して見える化したデータを元に、あなたと一緒に結果を出す施策を考案してまいります。

お断り

当社は即効性のある特効薬を提供するわけではございません。しかしながら、時間とコストをかけた投資に見合っただけの成果をご提供させていただきます。